保険の契約と仕組み|知らないと損することもある

保険 契約 仕組み保険

保険の契約をする前に、保険の仕組みなどをある程度知っておいた方が、損をしなくてすみません。

保険自体に悪い保険があるわけではありませんが、自分に合わない、ニーズがずれた保険に加入してしまった場合、せっかく払ったお金が無駄になってしまいます。

 

スポンサーリンク

保険契約について知っておくこと

保険 業界ランキング

保険契約を選ぶ時には、保険会社をどこにするのかも大きなポイントになります。

ランキングを参考に選ぶ人が、多いのかもしれません。

もしも、ランキングを目安にするのであれば、売上高などではなく、「格付け」のランキングを参照することをお勧めします。

 

保険の見直しをする際には、保険知識があり、信頼できる誰かを頼りたいものです。

少し前ですと、ファイナンシャルプランナーに相談する人も多かったように思いますが、今は、各社の生命保険営業マンもファイナンシャルプランナーの資格を持つ人が増えています。

今は、保険会社複数の商品を扱うことができる代理店で、相談されることをお勧めします。

各社の保険商品のメリット・デメリットを、理解している代理店担当者が、良いです。

 

保険のことで話題になるのは、何歳から保険に加入すべきかということです。

若いうちは、保険に加入する必要がないのではないか、という意見もありますが、例えば、20代から保険に加入するメリットは、やはり非常に大きいです。

ですので、保障というよりも貯蓄型の内容で、20代から始めて行くことは、おすすめです。

 

 

スポンサーリンク

保険の仕組みを知っておかないと損をする|満期

保険 満期

保険の仕組みについては、知っておくべきことが、いくつもあります。

 

一つには、満期のある保険です。

満期といえば、お金をもらえるものと考える人がいます。半分正解ですが、半分は間違いです。

貯蓄性のある保険もありますが、保険の第一目的は、保障です。

 

つまり、保険の満期とは、保険期間が満了するということです。満期になった時には、次にどうするかということです。

 

ただ、保険満期金を受け取ることができる保険もあります。

その場合、受取人が契約者とどういう関係であるのかによって、税金がかかりますので、注意が必要です。また、保険と似たもので共済という仕組みもあります。共済と保険は、似て非なるものです。

 

 

関連記事

保険が満期を迎える前に準備すべきこととは?

保険が満期になれば、税金はいくら負担する?

保険を投資目的に活用するには|満期金

保険の契約と仕組み|知らないと損することもある   *当記事

コメント

タイトルとURLをコピーしました