保険の仕組みを知っておかないと損をする

保険

保険の仕組みを知っておかないと損をします。

保険のことを相談できる窓口では何を相談すればいいのか。

保険にかけるべき金額の目安は?

満期になった時の税金は?

保険の仕組みには、知っておかないと損をすることがあります。

 

 

スポンサーリンク

保険が満期を迎える前に準備すべきこととは?

保険 満期

保険には、年齢による満期があるものと、満期がないものがあります。

満期になった場合に何をすればいいのか、理解しているでしょうか。

実際に満期になる前に、その後にどうするのか、決めていますか。

保険の種類によっては、満期保険金を受け取ることができます。

それは、養老保険です。

満期保険金を据え置くやり方もあります。

満期後に、次にまた保険に加入するのであれば、その検討もしておかねばなりません。

 

 

スポンサーリンク

保険が満期になれば、税金はいくら

税金 保険

保険の受取人が誰なのかによって、税金がかかります。

満期金がある保険の場合は、受取人を契約者にしておくべきです。

契約者本人が一括で受け取るなら、一時所得になります。

満期保険金から、払い込んだ保険料を差し引いて、さらに特別控除額を引くことができます。

その差し引いた残り金額が、課税対象額になります。

 

 

スポンサーリンク

保険のことを相談できる窓口

保険の窓口

保険の相談ができる窓口には、保険証券を持っていってください。

見直しを検討しているのであれば、保険証書を持っていくべきです。

保険の相談ができる窓口と言えば、やはり「ほけんの窓口」です。

 

相談する相手に選ぶのは、ファイナンシャルプランナーがいる窓口が良いです。

特に初めて保険に入る人には、お勧めします。

ファイナンシャルプランナーが良いのは、ライフリスク全体についての知識を持っているからです。

ただし、ファイナンシャルプランナーによっては、営業意識が強い方もいます。

そういう方のアドバイスは、必要以上にライフリスクを想定し、保険金額が高額になってしまう可能性があります。

 

 

スポンサーリンク

保険の約款とは

保険 約款 読み方

さまざまな保険に、約款と呼ばれる書類がついています。

以前は、分厚い冊子の形になっていました。

細かな文字がびっしりと並び、見る気がなくなる気がします。

約款の内容は、保険契約についての権利や義務などが書かれています。

約款は、保険法で交付することが決められています。

いわゆる重要事項が書かれた書面ということです。

最近では、CDやWeb約款で確認することができます。

 

 

スポンサーリンク

保険にかけるべき金額

保険金額

保険に入るときに、保険金額をいくらにすれば、考えたことはないでしょうか。

目安とするための考え方は、次の通りです。

保険金額は、収入に合わせる。

子供がいるか、いないかで金額は変わります。

 

収入に無理のない範囲で、保険料から考えるのは、保険の考え方としては微妙ですが、月の保険料を月収の5%以内に抑えるという考え方は、間違いではありません。

ただ、年齢が増えてからは、難しいかもしれません。

 

子供のありとなしで、保険金額を考えるのは、保険の考え方の王道です。

子供が一人いると、万が一の場合、いくらのリスクがあるのかを考えるのです。

子供がいない場合であれば、夫に万が一のことがあれば、経済的困難があるのは、奥さんに対してだけです。

 

 

スポンサーリンク

保険の受取人には誰でもなれるのか

保険受取人

保険の受取人は原則的に、二親等までの親族と決まっています。

受取人を第三者にすることもできますが、リスクがあります。

基本的に血縁関係がある家族なら誰でもなることができます。

複数の人物に設定することもできます。

受取人を第三者にする場合のリスクとは、税金上のリスクです。

 

 

スポンサーリンク

保険と共済は似ているようで違う

保険と共済

保険と共済は似ているようで、実は違いがあります。

それは、保険は会社に営利があることです。

会社は保険料で収益を得ます。

共済は、助け合いが基本です。

割戻金があるのが、共済の特徴です。

 

保証される金額にも違いがあります。

万が一を考えるのなら、金額が大きくなりますので、共済よりも保険の方がおすすめです。

共済は掛金も安く、利益も一部割戻金になりますので、残りにくい仕組みになっています。

 

 

 

関連記事

  1. 保険と共済は似ているようで、違う部分がいくつもあった!
  2. 保険に入らない人の言い分や気を付けるべきことは?
  3. 保険は貧乏な人でも入れるものなの?

コメント

タイトルとURLをコピーしました