食中毒・ノロウイルスについて

健康

食中毒・ノロウイルスについて解説します。

食中毒が起きる原因・予防策・対処の仕方について解説します。

また、ノロウイルスの特徴と、流行時期がいつなのか、について現役看護師に解説してもらっています。

 

 

スポンサーリンク

食中毒の原因は菌!?その菌の種類とは|現役看護師が解説

食中毒 菌

食中毒は、発生の仕方・菌の種類によって分類されます。

感染型・毒素型・細菌性・ウイルス性・自然毒・化学性・寄生虫、です。

具体的に、私たちの生活中の中で最も起こりやすいのは、細菌性・ウイルス性の食中毒です。

具体的には、O157、サルモネラ、ウェルシュ菌、黄色ブドウ球菌、ボツリヌス菌、ノロウイルス、がそうです。

 

 

スポンサーリンク

食中毒の対処と食べ物|やってはいけない対処の仕方

食中毒の対処と食べ物

食中毒になると、体は嘔吐をしたり、下痢をしたりなどで、細菌を排除しようとします。

しかし、そのまま進むと、体の水分が失われて、脱水症状を起こしてしまいます。

脱水症状は、命の危機も考えられる状態です。

水分補給をしなくてはなりません。

食べ物は消化の良い食べ物を選ぶ必要があります。

実は、食中毒になったときにやってはいけないことは、下痢止めを飲んでしまうことです。

下痢の辛さから逃れるために、飲んでしまいがちになります。

しかし、本来は、飲まない方が良いのです。

 

 

スポンサーリンク

食中毒を起こさない予防の3原則を伝授

食中毒予防

食中毒の予防についての3原則があります。

1)細菌をつけない、持ち込まない

2)細菌を増やさない

3)菌をやっつける

本編ページでは、この3原則について、詳しく解説しています。

 

 

スポンサーリンク

ノロウイルスの特徴ってなに?知っておきたい感染症とは

ノロウイルス

ノロウイルスの特徴とは、下痢と嘔吐です。

胃をひっくり返したような強い吐き気と大量の下痢、です。

さらに、強い腹痛と37〜38度程度の発熱を伴うという特徴があります。

通常は、1〜2日程度で症状は治ります。

ノロウイルスは、とても感染力が高いのです。

ノロウイルスの怖い特徴は、二次感染でかかってしまうことも多いことです。

 

 

スポンサーリンク

ノロウイルスの流行時期

ノロウイルス 流行時期

ノロウイルスの流行時期ノロウイルスの流行時期は、11月から3月の、秋から冬の時期です。

また、流行時期以外にも、ノロウイルスによる感染症は、1年を通じて、起こる可能性があります。

 

冬は、空気ガン乾燥し、ウイルスの水分が蒸発し、空気中にノロウイルスが漂いやすくなるのが、冬に流行する理由です。

また、高温多湿の環境が、ノロウイルスにとっては、住みづらい環境となるということです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました