不動産の相続には注意すべきポイント

相続

人生には避けては通れないことがあります。

相続もその一つです。

少子高齢化の現代にあっては、相続の機会がないという人はいないかもしれません。

概略は以下に紹介します。

詳しくは、記事下のリンクからご覧ください。

 

スポンサーリンク

不動産の相続は早めに売却しないと争族に発展

相続

不動産がらみの相続は、早めに売却しないと相続に発展します。

相続財産といわれるものは、たくさんあります。

相続財産は、金額が確定しているので、分け合うことも可能です。

しかし、不動産は、不動産そのものを分けることができません。

また、金額が高額でありながら、価格には変動性があります。

売却する時期によっては、価格が増えたり減ったりしてしまいます。

時々、親に対しての思いから、すぐに売却せずに、数年後に売却したりする場合があります。

すると、相続時に遺産分割協議で、まとめた金額とは違う金額で売買されることが起きてしまい、争いに発展してしまうことがあります。

 

また、そういう場面を想定した上でのことなのか、子供達数名の名前で、一旦相続をし、時期が来た時に売却しようとする考え方もあります。

ところが、これもうまくいきません。

時間が経過すると、子供自体にも相続が発生することが起きてきます。

すると、その子供に相続権が移り代襲相続に発展したり、長い時間の間に、外国に移住したり、行方がわからなくなってしまうこともあるのです。

 

 

スポンサーリンク

内縁の妻には相続権はない|入籍か遺言書を書いておく|退去させられる

内縁 相続権

時々、聞くことがあります。

「なんとなく、今更という気がして、婚姻届を出さないまま、過ごしてしまいました」というケースです。

日本は、婚姻届を出さなければ、法律上の夫婦になりません。

法律上の夫婦になっていないと、とても困ることが起きてしまいます。

その場面になって、婚姻届を出していなかったことに、後悔することになります。

内縁関係には、相続権がありません。

 

遺言書に、書き残しておくことや、特別縁故者であることを申し出ることで、道が開ける可能性がありますが、他の相続人と長い時間をかけて争うことになる可能性があります。

 

 

スポンサーリンク

空き家の相続注意|特定認定されて放置すれば強制執行で解体される

空き家相続

親から残された不動産をきちんと管理しているでしょうか。

月に1〜2度、家の中と外を管理していなければ、近隣の人や役所から、特定空き家とみなされる可能性があります。

特定空き家とみなされれば、建物を解体される可能性があります。

放置すれば、強制執行もあるのです。

当然、土地の固定資産税の控除もされませんので、土地の固定資産税は6倍になってしまいます。

管理できない状況であれば、特定空き家とみなされないうちに、売却する方がおすすめです。

 

 

関連記事

  1. 不動産の相続には注意すべきポイント    *当記事
  2. 相続登記の義務化の法案が可決し、住所変更登記も義務化が決定
  3. 相続時精算課税制度を非課税と誤解している人がいます
  4. 相続税はいくらから発生するのか
  5. 相続した実家を売却する場合、空き家なら税金は3000万特別控除される

コメント

タイトルとURLをコピーしました